保険診療可能時のインプラント

保険を利用したインプラント治療

保険が使えるインプラントとは

奥歯のインプラントを受ける際には、保険が適応される場合があります。基本的にインプラントの治療は自由診療のため、保険がきかないのが一般的ですが、条件を満たせば、保険が適応されるのでおすすめです。その条件は、歯科、または歯科口腔外科に標榜している保険医療機関であること、該当診療科に係る五年以上の経験、及び当該療養の三年以上の経験を有する常勤の歯科医師が二名以上は位置されていること、病院であること、当直体制が整備されていること、医療機器保守管理、及び医薬品に係る安全確保のための体制が整備されていることなどがあげられます。病院であることというのは、ベッドが20床以上の入院施設をもつ施設であるということをさします。更に、腫瘍、顎骨骨髄炎、外傷などによって広範囲な顎骨を欠損した場合、もしくは歯槽骨欠損症例が条件となります。歯周病や歯根破折などによる歯の喪失でインプラントを行う場合に自由診療となります。条件にあてはめる場合には保険を利用することをおすすめします。治療を受ける歯科を選ぶ際には、矯正や審美、麻酔医など、各分野のエキスパートがチームとなって連携をしている医療を行っているかどうかを確認することをおすすめします。

↑PAGE TOP